厚木での営業

不況などからタクシードライバーへの転職を考える方も多いようですが、基本的にタクシードライバーというのは、基本給と歩合制によって収入が決まるようになっていますので、ある程度人口の多い都市ではないと、しっかりした収入を得るのも難しいといわれています。やはり人口が多いというと東京近郊になってきますが、神奈川県は東京のベットタウンとしてタクシー利用客も多いといわれています。神奈川県のなかでも人口密集地帯にはいくつか場所を挙げることができますが、厚木市などはそのひとつです。
厚木市のもっとも賑やかな場所というと本厚木駅北口の正面にあるショッピング街を挙げることもできますが、繁華街という点では町田市や横浜市にはかないません。厚木市の魅力ともなっているのが公園や神社、旧跡などの歴史ある建造物などです。お花見の時期にとくに人気になっているのが飯山観音・飯山白山森林公園ですが、ここでは約3000本の桜が植えられていますので、満開の時期には息を呑むような絶景を見ることができるようになっています。さらに「桜まつり」では飯山温泉の芸妓花見おどりや歌謡ショーなども行なわれるため、地方からわざわざ身に来られる方も多く、タクシー利用客も増えてきます。
桜以外で魅力が豊富になっているのが、県立七沢森林公園ですが、ここではシャクナゲ67種約10000株が植栽されており、ほかにも植栽された花木・草木が100種以上あるので、季節に縛られずにいつでも綺麗な花を鑑賞することができるようになっています。そしてこれらの公園に続いて紹介できるのが神社や旧跡でしょう。県重要文化財に指定されている本禅寺本堂をはじめとして、一間社流造としては市内最大、県内でも有数の規模である荻野神社本殿などが人気です。さらには大正19年に徳川家康の朱印状が与えられた貴重な小町神社、昭和44年12月、県重要文化財に指定された浅間神社銅鐘などもあります。
ほかにも昭和47年4月、市有形文化財に指定された妻田薬師堂など、この手の建造物に関してはかなりの見処があるというのが、この厚木市の魅力だといえるでしょう。ちなみにこれらの旧跡や神社などのなかには、わかりにくい場所にあったりしますので、タクシーで直接行くという方も多いようですので、タクシードライバーとして働くのであれば、有名な神社の場所などは把握しておいたほうが良いでしょう。タクシードライバーとして働くのであれば厚木市のように利用客が多い場所のタクシー求人を探したほうが効果的です。